揺れないボリュームのバストの乳首が乾燥と擦れで傷ついた話

乳首が擦れる体験談9よく男性がランニングやジョギングをしている時にシャツに直接乳首が擦れて痛みを感じる、という話しを耳にしますが、ブラジャーでバストを固定している女性も例外ではありません。しかし、女性の場合はバストにそれなりのボリュームがあって上下に揺れてしまいやすいかたが走ったりジャンプをすることで乳首が擦れやすい傾向にあります。

私のバストは恥ずかしながらほとんどまっ平なので、そんな乳首の擦れなんてずっと無縁だと思っていました。しかし、ある時に動くたびに乳首が痛くて何故だろうと確認してみたら、乳首が真っ赤に擦れて付け根の辺りから切れて血が滲んでしまっていました。

あまり自分では擦れた、という意識がなかったのですが、何らかの刺激が加わったからこそ出血してしまったのでしょう。いろいろと原因を考えてみましたが、どうやら小さい胸と乾燥が理由だったのではないかという結論に至りました。

乳首が擦れて出血してしまったその時は空気がカラカラの冬場で、なおかつ私は極度の乾燥肌です。酷い時にはお腹の辺りの皮膚が白く粉を噴いてしまうほどガサガサになってしまうので、一生懸命保湿を頑張っています。そして、普段から気になってはいたのですが、乳首は意外と乾燥しやすい部位です。

皮が捲れてしまうこともあったので念入りにボディクリームなどを塗るようにしていたのですが、しかし、その頃に少し怠り気味になってしまっていました。なおかつ新しく買った下ろしたてのブラジャーが少しバストサイズよりも大きく、カップが余ってしまっていたことも悪かったのだと思います。日常動作だけでも乾燥した乳首がブラジャーの中で擦れてしまい、傷ついてしまったのです。

恥ずかしい話しですが、ワセリンを塗ってガーゼで乳首を覆い隠して擦れないようにして傷を治しました。揺れないボリュームのバストでも擦れで乳首に傷がつくことがあるのだなと思い、それからは一生懸命保湿をしてブラサイズにも気をつけています。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

このページの先頭へ