乳首が擦れないようにするためにしていることとは…

乳首が擦れる体験談5乳首って思ったよりもとても敏感だと思います。しかもなかなか身近にはいないのです。みんな服装だって薄いものは必要としていません。ただ買っているのは、乳首が擦れな程度のものなのです。だから何でもいいというものではありません。

乳首が擦れると、ダメージはとても大きいです。そして乳首が擦れると、どんどん乳首が短くなっているように思えるのです。だってそれは親子だからでしょうか。

擦れた乳首ほど、悲しいものはありません。擦れた乳首は、見ているだけでとても恥ずかしくなってくるのです。だからもうこれ以上、乳首が擦れる事はしたくありません。

乳首って下着で守られていると思っていました。でも小さい乳首はここまでダメージが受けやすいものだとは思いませんでした。だからちゃんとブラジャーを毎日つけて、ダメージから守っているのです。

擦れた乳首は、みるみる弱くなっていきます。そして乾燥してきます。そのうち出血もするようになるのです。そうなりたくないので、私は寝ている時にも欠かす事無くブラジャーをしています。

それでも気が緩んだら、一気に乳首は擦れてしまうのです。気が付いたらカサカサになっていて、出血するようになっているのです。それが嫌でした。

でもこれは良くある話なのです。友人も妹も、母までもよく言っている事なのです。みんな乳首の擦れには悩んでいたのです。

でも擦れてしまったら、ブラジャーをしていても痛くなってきます。擦れた部分が、ブラジャーで締め付けられるのです。これはとても苦痛になってきます。

簡単に予防ができると思っていました。簡単に改善もできると思っていたのです。でもそれは全然簡単な事ではなくて、とても辛い事でも合ったのです。誰にでもできるものではなかったのです。

今私にできる事は、ちゃんとブラジャーをして守る事なのです。これ以上は何もできません。擦れた乳首は痛みが激しくなってきます。できればそうなる前に、何とか予防ができたらいいなと思っています。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

このページの先頭へ