ケア用品の使用

これまでに、ちくびをピンク色にする方法をいくつかあげてきました。

簡潔にまとめてみます。

ヨーグルトパックは、低コストですがパックをするまでの時間がかかってしまいます。

病院やクリニックの治療は、高度な技術ですが費用も高い。。。

日常生活の改善にプラスするとすれば、気軽なケアとなるべく低コストな方法が良いですよね?

そこで登場するのが、ちくびの黒ずみ専用のケア用品です!

「普通の美白化粧品を使っても良いのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ちくびはデリケートな部分ですので、普通の化粧品では肌荒れを起こしやすくなります。

あと普通の石鹸で、汚れは落ちても黒ずみは改善されません。

石鹸は肌の表面に作用しますが、メラニンには働かないのです。

やはり専用のケア用品をおすすめします。

ちくび専用のケア用品

主にクリームタイプが多いようですね。

代表的なケア用品の成分として、トレイチン(ビタミンA誘導体)とハイドロキノン(ビタミンC誘導体)があります。

これらの成分は、効果が高いですが分量や濃度などの点で気を付けるべき事がいくつかあるので、きちんとした知識を持ったうえで使用しましょう。

トレイチンとハイドロキノンの効果

トレイチンの優れている所は、ターンオーバーを活性化してくれます。他のビタミンA誘導体よりも特に優れているのです。美白を促すだけでなく、肌にハリやキメを整える効果も期待できます。

ハイドロキノンは、別名「肌の漂白剤」と呼ばれるくらいの美白効果があります。

また、メラニン色素の生成を抑える働きもあるので黒ずみが出来にくくなるのです。

トレイチン配合のものは、ドクターの処方が必要ですがハイドロキノンは薬局などで購入できます。

この2つの成分は、刺激が強いので合う合わないがはっきりと出てくると思います。

ドクターの処方無で購入できたとしても、自己判断で使用するのは控えてくださいね。

不安ならば専門家などに相談しましょう。

あまり強い成分は不安

美白効果のある成分は、ハイドロキノンの他にビタミンC誘導体やアルブチン、エグラ酸などがあります。

ハイドロキノンの効果は高いのですが、副作用や肌に合う合わないなどの問題があります。

「高い効果があっても、あまり強すぎる成分は不安。。。」という方は、ハイドロキノン以外の上記の成分が配合された、医薬部外品をおすすめします!!

ご自分に合った商品で、ピンク色のちくびを目指しましょう!!!

このページの先頭へ