良い睡眠

睡眠を取ることもまた、ちくびをピンク色にする大切な要素です。

ただ睡眠は、寝れば良い訳ではありません。

たっぷりと睡眠を取ったはずなのに、朝起きた時に何故だかすっきりしない。。。

というような経験がある方も多いのではないでしょうか?

これはズバリ睡眠の「質」に問題があります。

睡眠の質を上げるには、色々な準備と意識が必要です。

環境を整える

良い睡眠を取るためには、寝室の環境を整えることが必要になります。

  • 寝室の温度
  • 寝室の湿度
  • 寝室の明るさ
  • 寝室の色
  • 寝室の香り

などがあります。

自分が心地よいと感じる温度や湿度などで、快適な寝室をつくりましょう。

また、枕やマットレスなど寝具の質や色も、自分に合った物を選ぶように気を配りましょう。

入浴

暑い夏は、シャワーで済ましてしまうことが多いと思いますが、たまには湯船に浸かりましょう。

意外ですが、夏場はエアコンなどの影響で体が冷えているのです。

少しぬるめの湯船に、ゆっくりと浸かれば血行が良くなりスムーズな睡眠が得られます。

入浴で温まった体温が、下がり始めの頃に寝るのがベストな様です。ですので、寝る1時間前位に入浴すると良いでしょう。

食事は寝る3時間前までに

消化器官や脳、神経をしっかりと休ませる為にも、睡眠の3時間前までに済ませましょう。

食べ物を食べた場合、2~3時間は内臓や脳が働くため良い睡眠を得られなくなります。

どうしてもという時は、胃に負担がかからない消化の良い物を選びましょう。

軽くストレッチ

脳や神経に「そろそろお休みの時間だよ」とお知らせするために、寝る前に軽くストレッチをしましょう。

ゆったりとした気持ちで行えば、気持ちを落ち着かせる効果もあるのでお勧めです。

テレビやパソコン、そしてスマホ

現代人には欠かせない、パソコンやスマホ。

大変便利ですが、これらの使用は質の良い睡眠のために寝る2時間前までにしましょう。

パソコンやスマホ、テレビの光は脳を刺激します。刺激された神経が高ぶってしまい、スムーズな眠りにつけなくなってしまいます。

つい癖でメールなどをチェックしてしまう。。。という方は、寝るときには寝室にパソコンやスマホを持ち込まないようにしてみましょう。

カフェイン飲料は控えめに

寝る前の飲み物はリラックスできるものを選びましょう。

ハーブティやノンカフェインの飲み物がおすすめです。

いきなり全部を実践するのは難しいので、少しずつ習慣にしていくと良いでしょう。

質の良い睡眠を習慣付けて、ホルモンバランスの乱れを防ぎピンク色のちくびを目指しましょう。

このページの先頭へ