乳首のかゆみの原因と私なりの対策

乳首がかゆい体験談9最近、乳首がかゆいことが増えました。何の前触れもなく、突然に乳首がかゆくなるのです。さすがに人前ではかくことはしませんが、あまりのかゆさに一人でいる時はかきむしってしまっています。そして、乳首のかゆみに思い当たることは何もないのです。私は蕁麻疹を持っていて、寒暖の差だったり、皮膚を締め付けたりすると、すぐに蕁麻疹が出てきてしまいます。とてもかゆいので、この乳首のかゆみも、もしかすると蕁麻疹が影響しているのでは、と思ったりしたのですが、どうも違うようです。

なぜなら、私の蕁麻疹の場合、みみず腫れのような跡が赤く出てくるからです。これはどんな場所でも、蕁麻疹だったら現れる症状です。でも、乳首のかゆみの場合、そういった蕁麻疹の症状は全く出ません。ということは蕁麻疹ではないわけです。それならば、なぜ乳首のかゆみはあるのでしょうか。

別に不衛生というわけではありません。色々ネットなどで調べた所、何個かの原因が浮かび上がりました。一つは下着の素材です。私は肌がとても弱いので、下着に使われている化学繊維が乳首のかゆみに影響をしているのかもしれません。二つ目は汗です。これは毎回当てはまるわけではないのですが。汗によって、蒸れたりすることもかゆみを引き起こす原因かもしれません。三つ目は乾燥です。私は乾燥肌のため、夏以外はボディローションを全身に塗っているのです。

さすがに乳首には塗ったりしませんが、乳首も乾燥しているのかもしれせん。どれかは分かりませんが、この三つが私に当てはまるような感じでした。それなので最近は下着の素材にこだわり、コットン素材の下着を購入するようにしています。汗はできるだけ小まめにふき取っています。

乾燥肌対策としては、なるべくお風呂に入って体を洗う時はゴシゴシと洗わないようにし、なるべく手で優しく洗っています。さらに気になる時はボディローションを使っています。これらのことに気をつけるようにすると、乳首のかゆみも無くなってきたので、とても良かったです。これからも気をつけたいと思っています。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

このページの先頭へ