かきたいけれど人前ではかけない!乳首のかゆみ対策で一番大切なのは保湿ではないでしょうか

乳首がかゆい体験談1秋や冬、生理前になると特に乳首がかゆくなります。腕がかゆいならサっとかくことができますが、乳首がかゆくても人前では絶対に恥ずかしくてかくことはできませんよね。仕事中にかゆくなることが多くて、すごく困っていました。「乳首かゆくなることある?」なんて友人や職場の人に聞くことができず一人でずっと悩んでいました。生理前になるとPMSのせいだと思うのですが一日に何度も乳首がかゆくなります。

家にいる時に乳首がかゆいのでかくと、デリケートな部分なのでゴシゴシとかくことで傷つけてしまったり、赤くなったり痛くなって後悔をします。秋や冬になるとすごいかゆみなので、我慢することができずにゴシゴシと強めにかいてしまうんです。毎回乳首を傷つけた後で後悔します。乳首の状態を確認してみたところ、ガサガサと乾燥しているんですよね。乾燥しているからすごくかゆいのかなと思い、乳首に使える保湿クリームを塗ることにしました。すると少しだけかゆみが収まってきています。

乳首のかゆみの原因ですが、乾燥の他にもホルモンバランスの変化、衣服による摩擦などがあるんです。かゆくならないブラジャーというものがあることを知り買ってみました。超低刺激の素材で作られているブラなのですが、とても肌に優しくて敏感肌の人でもかゆくならないというブラなので気に入っています。ブラを買えるだけでかゆくならないんだなと驚きを隠せません。

他人からすれば「たかが乳首のかゆみでしょう?」と言う人がいるかもしれません。でも強い乳首のかゆみはとても辛いんです。人前でかくことができれば良いですし、デリケートな部分でなければ良いのですが、乳首は絶対に人前でかくことができませんしデリケートです。でもこのような対策をすることで、少しずつ乳首のかゆみに悩まされることが少なくなってきました。

肌の代謝が良くなる食事を摂るようにしており、ストレスをためないこと、そして一番大切だなと思うのはとにかく乳首の保湿を維持することだと思っています。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

このページの先頭へ