乳首のかぶれには原因に応じた対策を!

乳首がかぶれる体験談3乳首がかぶれて痒くなると、とても不快な症状に悩まされる方が多いと思います。

人前でボリボリと掻くわけにもいきませんし、何よりデリケートな部分の痒みやかぶれは非常に気になります。

乳首がかぶれる原因には様々なものがありますが、夏場の下着の蒸れや授乳、アトピーや乳首の乾燥などが主な原因として挙げられると思います。

雑菌が乳首へ付着して炎症を起こすことで、かゆみやヒリヒリ感が生じるもので、特にお肌が乾燥気味の人はこれらの症状が現れやすいです。

その他にも、お肌に合わない化粧品を使っていたり、洗浄力が強すぎる石鹸で身体を洗うことでかぶれが生じることもあります。

そんな乳首のかぶれには様々な原因があり、その原因に応じた対策をすることが大事です。お肌が乾燥気味な人は、保湿することがとても有効です。

保湿することでお肌のバリア機能を高め、お肌への刺激を軽減することが大事となります。乳首にもお肌と同様に、保湿成分が配合されているスキンケアクリームを塗れば大丈夫です。

特に美白クリームを使うのが効果的で、角質の奥まで浸透する成分が配合されているため、浸透力があり効果も高いです。

入浴中に乳首にヒリヒリとした刺激を感じるようであれば、洗浄石鹸を変えてみるのも手です。

市販の石鹸やボディーソープには、界面活性剤という刺激の強い洗浄成分が配合されているものが多く、これがお肌に必要な油分まで洗い流してしまうのです。

お肌に優しくナチュラルな素材の石鹸を使用することで、お肌の状態がグンと改善することがあります。

デリケートゾーン専用石鹸や、昔ながらの牛乳石鹸など、お肌への刺激が弱いものを使用してみるようにしましょう。もう一つのケアとしては、市販のお薬を塗る事です。

ドラッグストアで販売されているお薬で、デリケートゾーン用のフェミニーナ軟膏がありますが、これが乳首のかぶれにも有効です。

デリケートゾーン用なのでお肌にも優しく、炎症を抑えてくれる効果もありますのでかぶれによく効きます。ただしフェミニーナ軟膏には保湿成分は配合されていませんので、これとは別に保湿もきちんと行うようにしてください。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

このページの先頭へ