生理前のチクチクしたあの乳首の激痛からスーッと解放される方法

乳首が痛い体験談8生理が近づいてくると、乳首に異変を感じます。生理日が迫るに従い、乳首がチクチクと痛みます。昔、胸が大きくなる成長期の時に感じた時のような痛みです。

でも、もうそんな年ではないし…。その痛みは、特に朝起きた時はひどく下着があたるだけでも激痛が走ります。以前はそんな事なかったのに、ある時から徐々に痛みが出るようになりました。

あまりにも痛いので、痛みを感じ始めてからは、夜だけブラをつけるのもやめたり…。ちょっと心配になり、乳がん検診なども受けてみましたが、特に問題はなし。

病院ではホルモンバランスが影響していると言う事でした。生理が始まる1週間ほど前から、きっちりと痛みだし、痛みがなくなった翌日にしっかりと生理がきます。

だから、生理が来る日がきちんと把握できるので、便利とは言えるのですが…。ただ、本当に日に日に増す激痛。胸をかがめてしまうほどの痛みです。

それを少しでも改善出来ないかと思い、調べて知ったのが「温める」という事です。女性特有のトラブル解消法として、「温める」という事が良く言われますが、乳首の痛みも温めると改善する事が多いようです。

朝、起きて痛みを感じたら、レンジ用カイロで温めます。すると、あんなに痛いと感じていた痛みがスーッとなくなります。

この乳首の痛みの原因はホルモンバランスで血行が悪くなってしまうと起きてしまうそうです。そう考えると、起床時に痛みがひどいのも納得できます。

その痛みは起きて、体を動かすとだいぶ緩和されるのです。恐らく、寝ている間に滞った血行が、全身に巡り良くなるからだと思います。

それがわかってからは、生理前になるとバスト部分のマッサージをするようにしています。その結果、あのひどい乳首の激痛はだいぶ落ち着きました。

効果がバッチリ出るので、やりがいもあります。生理前に乳首が痛むと言う人には、バストを温めて血行を良くしてあげるのが効果的です。

女性の体と血行は、深い結び付きがあるようです。冷えは大敵です。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

このページの先頭へ