乳首の色にコンプレックスを抱く男

乳首の色口コミ5私の友人(男)に乳首にコンプレックスを抱いている者がいます。彼曰く、それが原因で人前で上着を脱ぐのにとても抵抗感を感じるらしいのです。なもんで、海やプール温泉などといった、私たちにとっては「楽しい」と思えるシーンは、彼にとってはそうではなく、よって10年以上もの間、そういったシーンには出かけていないとの事でした。さて、「男性が乳首にコンプレックスを抱いている」と聞くと普通は「乳首が黒い」とか「乳首に毛が生えている」とか「乳首が大きい」とか、まあそういった事が思い浮かびますよね。

どれも男性にとって、いや女性にとってもコンプレックスとなりうる症状であり、人によってはいつまで経っても(コンプレックスを)解消することはできないかもしれません。だけども、私の友人のコンプレックスというのは、それらの真逆でして・・。

と言いますのも、彼の乳首の色がやたらとピンク色で、更には肌がものすごく白い為、女性っぽく見られてしまうそうなのです。うーん、確かに自分の乳首を観察してみると、決して鮮やかなピンクではなく、どちらかというと黒ずんでいます。また、肌の色も白くはなく、ちょっと黄色掛かっています(黄色人種ですからね)。多分、日本の男性はほとんどがこのような組み合わせ(乳首が少し黒くて肌が黄色)になるかと思いますが、友人は乳首が鮮やかなピンクで肌が透き通るような白。言われてみれば、これはちょっと人の目を惹きつけるかもしれませんね。

多分、そういった人の目を敏感に察知するようになった結果、人前で上着を脱ぐのが嫌になり、次第に自身の乳首の色と肌の色にコンプレックスを抱くようになったのでしょう。ちなみに友人は、これらのコンプレックスを解消するために、定期的に日焼けサロンに通ったりしているそうですが、すぐに元に戻るそうです。詳しくは分かりませんが、多分体質的に日焼けしにくい体なんでしょうね。とまあこのように、世の中には乳首が黒くて悩んでいる方もいますが、中にはピンク色で悩んでいる方がいるわけでして。それを理解してやってもらいたいですねえ。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

このページの先頭へ