乳首の黒ずみをなんとかしたい!原因は?対策は?

気になる乳首の黒ずみ…パートナーがいる時はもちろん、例えパートナーがいなかったとしたもやっぱり気になりますよね。

出来ることならなんとかしたい!乳首の黒ずみの原因や対策をご紹介します。

乳首の黒ずみ…その原因とは?

日本人女性のほとんどが、乳首の色は茶色系といわれています。その上、乳首が黒ずんでしまうなんて…普段人に見せない場所ではあるもののやっぱり気になるのが女午后路と言うものです。

何の理由もなく乳首が黒ずむことはまずありません。やはやそこには原因があります。では、その原因は一体なんなのでしょう。

原因を知る事から始めてみましょう。

乳首の黒ずみの犯人は?!

乳首の黒ずみの犯人は、メラニンです。メラニンと言うと日焼けというイメージがありますが、乳首に日が当たらなくても黒ずむことは多々あります。

というのも、もともと乳首や乳輪はメラニン色素が集まっている場所です。

紫外線や外部的な刺激などで体内でメラニンが作られます。そして、そのメラニンが乳首
乳輪に集まって定着することで乳首が黒ずんで見えるのです。

では、メラニンが定着する理由はなんなのでしょう。

年齢に伴うもの

加齢が乳首の黒ずみの原因になることがあります。

先ほどご紹介したように乳首の黒ずみの原因は、メラニン色素です。そして、このメラニン色素が定着すると黒ずんで見えるわけです。つまり、メラニン色素が定着するかどうかがひとつのポイントになってきます。そしてそのメラニンの定着は、ホルモンバランスと大きく関係があります。

女性ホルモンのバランスが崩れているときや、ホルモンの活動が活発なときはメラニン色素が定着しやすいと言われています。

つまり、女性ホルモンがまだ十分でない成長過程の場合はメラニン色素が定着しにくいのです。

よく思い出してみてください、子供の頃の方が乳首の色が薄かったような気がしませんか?

筆者もそのひとりで、よく考えてみると子供の頃は今よりもっと乳首の色が薄めでした。写真などは残っていないので比べることはできませんが、言われてみると乳首の色が濃くなったような気がします。

成長にともなって、女性ホルモンが増えメラニン色素が定着したのかもしれません。

妊娠や出産などが原因に?

先ほどもご紹介したとおり、女性ホルモンが活発になるとメラニン色素が定着しやすくなります。つまり、妊娠や出産でも、女性ホルモンのバランスが変わると乳首が黒ずんでみえるようになることがあります。

筆者の友人は妊娠中に乳首の黒ずみを感じたと言います。

『私はもともと乳首の色はそんなにきれいな方ではありませんでした。コーヒー牛乳のような茶系の色で個人的にはあまり好きではなく、色が白いものだから余計に乳首だけが目立つようでかなり気にしていました。

だからといって、何かケアをしていたという訳ではないので色はそのままでした。

長女を妊娠したときのことです。シャワーを浴びているときに、ふと鏡に映った自分の姿を見てとんでもなく驚きました。

乳首と乳輪の色がすごく濃くなっていたんす。コーヒー牛乳のような茶系だったものがダークチョコレートのような茶色になっていました。まるで乳首と乳輪を茶色のマジックで塗ったかのような色です。

驚いて一生懸命洗いましたが…まぁ、汚れている訳ではありませんからこれには意味がありません。

かといって思い当たるふしもなく、まだ産まれていないので授乳による刺激とも考えづらく何事なのだろうとかなり悩みました。

結局、自分で納得できる応えも見つけられず、誰にも相談できず…数日後に産婦人科で、看護師さんに聞いてみたたのです。すると、「妊娠中にバストトップの色の変化がある方はいらっしゃいますよ。

ホルモンのバランスが今までとは違ってくるので…先生に相談されてみては?」とのこと…少し言いにくい気持ちはありましたが、医師に思い切って相談してみると、看護師さんと全く同じ答えが帰ってきました。

妊娠が原因なら、出産が終わればまた元に戻るかなと考えていたのですが、出産から半年経っても色はそのままでした。「」もう結婚しているんだし、普段は人に見られるわけじゃないしいいじゃないか」とも思いましたが、やっぱり気になったので乳首専用のクリームと美白サプリメントを購入しました。

一年ほど使って、やっと効果が現れてきたと感じましたが、すぐに元に戻るということはありません。そこからがとても長くて…元に戻ったと思えるようになるまで二年以上かかりました。

黒ずむときは本当に一瞬のような気がしましたが、元に戻すのは時間がかかるのだと痛感しました。二人目を妊娠したときには、また乳首が黒くなるんじゃないかと心配だったので、前もってクリームを塗るようにしました。

これは、なかなか効果的だったようで二人目の時はさほど色の変化は感じませんでした。』

出産前の段階でも、乳首が黒ずむことがあるということがよく解る体験談でした。クリームを塗ることで少しでも防ぐことができるのなら、早めに対策しておくのもありかもしれません。

授乳が原因になることも

赤ちゃんへの授乳が乳首の黒ずみの原因になることもあります。

授乳ときは、常に乳首に刺激がかかることになります。なかには授乳を繰り返すと乳首が痛むという方もいらっしゃるようです。

授乳時に乳首が黒ずむのにはいくつかの理由があります。まずひとつは、赤ちゃんが乳首を見つけやすいように色が濃くなるという現象です。赤ちゃんにおっぱいをあげるという幸せな時間のためですから、見つけやすいように…という理由であれば致し方ないことでもあります。

ふたつめの理由は、ホルモンバランスの変化です。妊娠や出産、そして授乳というプロセスのなかで女性ホルモンのエストロゲンがたくさん分泌されます。この、エストロゲンが増えると乳首の黒ずみの犯人であるメラニンが定着しやすくなります。

その上、赤ちゃんが強い力で毎日乳首を吸うことでメラニンが定着する…というわけです。

理由や原因を見ていくと、子育てのためには致し方ないことではありますが、それでも「授乳が終わってもこのまま残ったらどうしよう!」と不安になりますよね。

筆者の友人も、そんな不安を抱えていたようです。

『出産するまではあまり乳首の色に変化は感じませんでした。妊娠時によくあるといわれる、こむら返りや肌荒れ、つわりなどはそれなりにありましたが乳首や乳輪の見た目が変わることはなく安心していたのですが…。

出産を終えて授乳を始めてから1か月ほど経過したときのことです。乳首が黒いんです。なんというか…黒砂糖のような黒さで思わず二度見するほどでした。

母親に相談したところ「あ~そういえばお母さんもそうだったかな~放っておいても大丈夫よ!」と呑気な返答がありました。ネットで調べたところ、授乳時の刺激と赤ちゃんが見つけやすいようにするために乳首の色が濃くなる…ということでした。

それなら仕方ないと思うのですが、次に不安になったのが「離乳食になっても治らなかったらどうしよう!」という不安でした。

人に見せるものじゃないし別にいいじゃないとも思ったのですが、この時の私の乳首は尋常じゃない黒さだったので本当に悩みました。どのくらい黒かったかというと…母と姉に見せたら「何これ!どうしたの?!」と驚かれるくらいです。
ものにたとえるなら完全に黒糖飴の色でした。もともと乳首の色はあまり濃い方ではなく、薄い茶色だったので本当に衝撃的でした。もちろん、数日で突然色が濃くなったわけではなく徐々に濃くなっていったのだとは思います。が、気づいたときには黒糖の色だったのでその衝撃は半端ではありませんでした。

母も姉も「授乳が終われば治る」と言ってくれたのですが、私の不安は膨らむ一方…そして、気になりだすと小さな事が気になるものです。乳首の色が日に日に濃くなっていくような気がしていまいました。

このままでは、精神衛生上よくない!と思い乳首の色が薄くなるというクリームを購入すことにしました。そして、胸が張っていても「まぁいいか」と気にしていなかった下着も伸縮性のあるものを準備しました。

後の祭り感は否めませんが何もしないよりマシです。

授乳開始1ヶ月で乳首の色の変化に気づき、クリームと下着を準備したのがそれから2週間後です。
そこからは毎日かかさずにクリームを塗って乳首をケアしました。もちろん授乳は続けています。

授乳を完璧に止めたのが1歳2ヶ月のころでしたから、約1年クリームを塗りつつ授乳を続けました。
正直なところ、授乳中はクリームの効果はあまり感じませんでした。ただ塗り始めてからは乳首の色がそれ以上濃くなることはなくなったので交換があったと言えばあったのかもしれません。

授乳が終わってからも半年ほどはクリームを塗り続けましたが、少しずつ色が薄くなっていきました。

結局、完全に元に戻ったと感じるまでは1年ほどかかりました。クリームは途中で止めてしまったので、クリームがなくても時間が経てば元に戻ったのかもしれません。』

妊娠や出産の時には乳首の黒ずみがなかったのに、授乳を始めたら黒ずみが出たという体験談です。

体質や環境などによって変化するものですから、「自分はならない!」と思い込むより早めに対策をしておく方がよいかもしれません。

アトピー性皮膚炎が原因になることもあります

アトピー性皮膚炎などのトラブルが原因で乳首が黒ずんでしまうこともあります。

乳首が黒ずむ原因はメラニンですが、メラニンといえば紫外線!ですが、それ以外にも肌に刺激を与え続けるとメラニンが作り出されてしまいます。

これは、メラニンが外部の刺激から肌を守るためのものだからで、身体を守る防衛本能のようなものです。

筆者も、子供の頃からアトピー性皮膚炎性に悩まされているひとりです。そして、このアトピーがとんでもなく痒いのです。それはもう虫さされなどは比較にならないほどの痒みです。その上、アトピーはできる場所を選びません。手や足にできるのも辛いアトピーが、運が悪ければ胸や乳首、乳輪にもできます。

アトピー性皮膚炎が出たときに、幹部をかいてはいけないのは、言うまでもありません。起きている間は我慢もできますし、かゆみ止めを使ったり冷やしたりして対応もできます。ですが、寝てる間はそういう訳にはいきません。知らず知らずのうちに、かき破ってしまっている事が多々ありました。ひどいときには出血していることも…これが原因で乳首が黒ずんでしまったことがありました。

原因として考えられるのは、まずはかいてしまったことで同じ場所に刺激を与えてしまいメラニンが定着したこと、もうひとつは、アトピーが出来たことで乳首の色を薄くするためのクリームの使用を中止せざるをえなくなったことがあげられます。

乳輪のそばにアトピーが出来たときに、乳首の周辺までかきむしってしまい、治った頃には、乳首が黒ずんでいてショックを受けた事もありました。正直なところ、1回アトピーが出来ただけで目に見えるほど乳首が黒ずんだという訳ではないと思います。何度も何度もアトピー性皮膚炎が繰り返された結果、黒ずみが出来てしまったのでしょう。

私の場合は、頻度も多く程度も酷かったので皮膚科に行って相談しました。市販の薬を使うという方法もあったように思いますが、デリケートな場所ですし、ステロイド系の薬を塗っていいものか素人判断をするのが怖かったのが受診の一番の理由です。

結局、病院では非ステロイド系の塗り薬を処方されることになりました。治るまでには3週間くらいかかりましたが、あのまま自己流の対応をしていたらもっとひどくなっていたかもしれません。

アトピー性皮膚炎は薬で徐々に治っていくのですが、問題は黒ずみです。せっかく毎日クリームを塗ってケアしていても、アトピー性皮膚炎ができるとその努力が一瞬でかき消されてしまいます。

アトピー性皮膚炎をお持ちの方は特に、胸や乳輪の近くにアトピーができないよう注意する方がいいかもしれません。

アトピーの原因となるストレスや乱れた食生活を改めることも考慮しましょう。

紫外線の影響もあります

普段は外に出すことがない、乳首…紫外線にあたる機会はほぼ皆無と言っていいでしょう。

そんな乳首ですが、黒ずみの原因が紫外線ということもあります。

というのも、一番紫外線を吸収する場所は目だからです。紫外線をあびるとメラニンが作り出されます。特に目に紫外線があたると、脳がメラニンが必要と判断してどんどんメラニンが生成されることなるのです。このメラニンが色素沈着することで、乳首の色紙こくなったり黒ずんだりするということになってしまうのです。

乳首が焼ける訳じゃないしいいや!という考え方は危険です。少しでも色素沈着を防ぎたいのなら、紫外線を浴びないようにサングラスをかけたり帽子を被ったりしましょう。

対策はある?少しでも薄い色に近づけたい!

乳首の黒ずみには様々な理由があります。仕方ないと思えるものなら、自分で改善できるものまで理由は様々ですが、1度黒ずんでしまった乳首を元に戻すことは出来るのでしょうか。

効果的な対策とはどのようなものなのでしょう。

乳首の黒ずみの原因はメラニン色素ということは…

先ほどもご紹介したとおり、乳首が黒ずむ原因はメラニンの定着です。

ということは、美白サプリメントや美白ドリンクなどは一定の効果をもらたしてくれると考える事ができます。

身体の中からケアすることはとても重要です。

乳首だけでなく、顔や身体にも効果があるわけですから乳首の黒ずみが気になるときに美白サプリメントを飲んでみるのはおすすめです。

専用クリームを使う

先ほどの体験談でもそうでしたが、乳首の黒ずみが気になってほとんどの方がまず使うのがクリームです。

いろいろな種類のクリームが販売されていますが、基本的に乳首専用の美白クリームと考えてよいでしょう。

美白クリームですからとにかく、使い続けることが大切です。根気よく使い続けましょう。

ピーリングジェルもありますよ

乳首の色をピンクにするクリームは、美白クリームのようにメラニンの定着を防いだりターンオーバーを促したりして、乳首の色を薄くするものです。

もうひとつの方法として、ピーリングジェルがあります。

「え?乳首にピーリング?大丈夫なの?」と思われるかもしれませが、以外と大丈夫なのです。

筆者も試してみたことがありますが、乳首のから角質がポロポロと取れていきます。それも結構な量の角質でした。

古い角質が落ちたからか、何度か繰り返すとトーンが明るくなったような気がしました。刺激はよくありませんから、あまりやりすぎるのは禁物です。ですが、時々ピーリングするのは効果的なように思えました。

ピーリングといえば、顔に使うピーリングジェルがありますが、使った後に肌が明るくなるような気がしたことがありませんか?まさに乳首が少し明るくなるような感じです。

乳首にかぶれやスレなどのダメージがないときに、是非一度試してみてください。

いずれにしても、まずは美白!

乳首の黒ずみを治すのは、やはり美白です。原因はメラニンの色素沈着ですから、肌と同じように美白すればいいわけです。

とはいっても、そうは簡単に結果が出るものではありません。

乳首に限らず…ですが、美白は半年、一年と続けることで効果が得られる物です。数週間程度で効果を感じられることもないとはいいませんが、短期間で効果がないからと諦めないことも大切です。

継続は力なりともいいます。

黒ずんだ乳首を元に戻したいのであれば、根気よく毎日のケアを続けましょう。

筆者の友人も、乳首の色を薄くするためのクリームを使っている人が数人います。どの方も、最初に効果を感じたのは使い始めて3ヶ月から半年経った頃だそうです。

すぐに効果でなくても、使い続けてみましょう。

身体の中からのケアも大切です

身体の外側の目に見える部分に変化があるとついつい、何かを塗ったり覆ったりする外側からのケアに気持ちが行きがちです。

確かに、外側からのケアも大切ではあります。保湿や美白などをしっかりすることは乳首の黒ずみやそのほかのトラブルの回避につながります。

ですが、もうひとつ忘れてはいけないのが
”身体の内側からのケア”です。

私たちの身体は食べた物から出来ています。つまり、どんなにいいクリームやジェルを使っても、こまめにケアをしても、生活習慣の乱れで栄養のバランスが取れていなかったりストレス過多だったりするとどうでしょう。せっかくの、努力を打ち消してしまうことにもなりかねません。

そんな事にならないようにするためにも、栄養のバランスがとれた食事をして足りない部分はサプリメントで補うなどの身体の内側からのケアを忘れないようにしましょう。

特に、美肌美白に効果があると言われるビタミンCやビタミンEを積極的に食品から摂取しておくと効果的です。

そして、しっかりと質の良い睡眠をとってターンオーバーを促しましょう。

紫外線対策をしっかりと!

乳首の黒ずみの原因は、メラニンです。メラニンといえば…紫外線です。

乳首を日焼けする人はあまりいないと思いますが、日焼け対策をせずに紫外線をあびると身体の中でメラニンが生成されることになります。

直接的に乳首を焼くわけではないとしても、やはりが生成されるメラニンは少ない越したことはありません。

特に夏の強烈な紫外線は、乳首だけでなく肌にとっては大敵です。

日焼け止めクリームや日傘、帽子、UVカット加工されているパーカーなどで日光をさえぎるようにしましょう。

生活習慣を整えて、ストレスをコントロールしましょう

乳首に限ったことではありませんが、生活習慣の乱れやストレスはトラブルの原因です。

これらのバランスが崩れたことで、乳首にかぶれやアトピー性皮膚炎などのトラブルが起こってしまい、その結果乳首が黒ずんでしまうこともあります。

生活習慣とストレスのコントロールをしっかりすることで、黒ずみなどのトラブルを未然に防ぐことができます。

治療することもできますよ

クリームやピーリング、サプリメントという方法がセルフケアです。つまりすぐに効果が出るものではなく、かなり根気がいる方法です。もっと手っ取り早く結果が欲しいという方や、セルフケアではあまり効果が得られなかったと言う場合には、治療する事もできます。

今までは、病院での乳首の黒ずみケアでも塗り薬が主流でしたが、近年ではレーザー治療という方法が注目されています。

ピコレーザーやQスイッチYAGレーザーというレーザーを乳首にあてて黒ずみの原因となるメラニンを壊すという方法です。

効果や痛みなどの面から考えてピコレーザーのほうが、ムラがなくダメージも少ないと言われています。

美容クリニックなどで、レーザー治療を受けることができますので、気になる方はお近くの病院を調べてみてもよいかもしれません。

ピコレーザーは、アトピー性皮膚炎の方や授乳中でも受けることができるそうですから、まずは問い合わせてみてください。

気になる乳首の黒ずみには、様々な原因があります。

いずれにしても、黒ずみの原因はメラニンですからいかにメラニンを作らせないかそして定着させないかがポイントになります。

クリームやジェル、生活習慣やストレスのコントロールなどを無理なくできるケアをすることで黒ずみを防ぐこともできます。もし、黒ずみができてしまっても.あきらめる必要はありません。

市販のクリームを使ってセルフケアもできますし、最終的にはレーザー治療という方法もあります。

まずは、何が自分にあっているかを考えてしっかりとしたケアをしていきましょう。

乳首に関する体験談の取り扱い上の注意

執筆者さえちん詳細

このページの先頭へ